拳聖会館について

拳聖会館について

拳聖会館では空手道を通じて、人としての本当の強さ、優しさを併せ持つ、青少年の育成を
目指しています

健全なる精神は、健全なる肉体に宿るといいます。
拳聖会館では本部派糸東流空手道を基盤に、実戦に通用する技術の習得はもちろん、青少年に基礎体力作り、武道ならではの礼節を身に付け、人としての優しさ・強さの習得をすべく会の活動を行っております。
空手道の修業は道場の稽古だけで終わってしまっては意味がありません。空手技術の習得はもちろんの事ですが、学校での生活、そして一般社会での生活に活かす事が大切だと考えております。

In Kunibakai Kenseikaikan, not to mention learning skills whichis effective to actual fighting on the basis of karatedo,we organize some activities for the purpose of building basic physical strength of younger generation and mastering gentleness and mental strength as humans by observing the proprieties peculiar to budo {martial art}.
The history is old and originated in the time when ex-director,Saburo Adachi become a disciple of Kuniba Shougou (Nippon karatedo Motobuha Shitoryu Seishinkai which was the former Kunibakai).
And then the skills and spirit are succeeded to our present director,Takahiko Adachi, who obserbes the good and tradition, and also gives karate training led to modern karatedo.

If you intend to attend the training for a long time, please contact us.
Osu.

活動内容・理念

  • 毎日の稽古の中で
    空手の道は礼に始まり礼に終わります。
    大きな声で挨拶、返事はもちろん、先生、先輩や
    年上の人に敬語を使うことを身につけます。
  • 基本・移動基本
    何度も繰り返し同じ動作を行うことにより足腰の強化、心身ともに忍耐力を養う事を学びます。
  • 形練習
    相手が居る事を想定して、一人で演武します。強弱・穏急の表現や一つ一つの技の極めの稽古を続け、集中力を養います。
  • 組手練習
    競技組手をメインに練習します。
    相手の気を読み先に動く、あるいはその先を取る。相手の動きに合わせて対応するなど、相手の機微を察知することや、自身の心を制御することを学びます。
  • 試合・合宿
    目標を決め、挑戦する精神を養います。
    団体行動を通じて自分の役割を見つけ協力、お手伝いをする事を学びます。

指導員紹介

館長 足立 尊彦
副館長 的場 善正
顧問 渡辺 義彦
相談役 足立 直樹
技術指導員 河野 竜太郎・戸松 広志
中川 久美・足立 六花
事務局システム担当 足立 六花・柳岡 比登美

道場案内

  • ご入会について 各部のご入会についてはこちら
  • 道場のご案内 道場のご案内はこちら
  • 空友会 伝統派空手道愛好家の集まり